コラム 2018.11.13

呼吸を整えてココロも整える

ヨガでは呼吸を大切にします。

でも、心身が緩んでいない状態で良い呼吸をするのはとても難しいです。不自然な呼吸になってしまうことがほとんど。

 

慣れない呼吸をしながら無理やりヨガのポーズをとると、逆に体が硬くなってしまうこともあります。

 

でも心身が緩んでいると、自ずと良い呼吸ができるようになります。息をしっかり吐ききり、自然と必要な空気が入ってくるのを感じます。

だんだんと体の緊張がとれていくと、意識しなくてもゆったりとした呼吸ができています。

 

じゃあどうやって心身を緩めるの?

頑張る必要はありません。

一生懸命頑張りすぎるとリラックスからは程遠くなってしまいます。

 

頑張りすぎてないかなー?

無理をしてないかなー?

 

と自分に問いかけながら、自分の内側と会話するようにゆったり呼吸してみてください。

 

 

呼吸を変えれば心も変わっていきます。

呼吸は心の状態を映す鏡みたいなもの。

 

ゆったり深呼吸すると心のびのび。

せかせか呼吸は心もいそいそ。

少しの緊張でも、その緊張の分だけ呼吸も乱れます。

 

抑え込んでいた緊張を深い呼吸をすることで

内側から解きほぐしてみると、

心身ともに自然とリラックスして息が柔らかくなってきます。

呼吸を柔らかくしていくことで心も柔らかく。

 

ヨガのレッスンの時間だけでなく、毎日10分でも、心地の良い場所で目を閉じて、ゆったりと呼吸をする時間を作ってみてください。

 

少しずつご自身の滞りが取れ、心も本来の穏やかさに。

その繰り返しを味わいながら心の豊かさを感じてみてください。

 

eri.

 








PAGE
TOP