コラム 2019.05.07

巻き肩(猫背)をセルフケ(小胸筋編)

なが~~~い!?GWはみなさん楽しめましたか?

逆に予定を詰め込み過ぎてお疲れの方もいらっしゃいますか?

GW中ヨガは出来ましたか?

今日はお客様から頂いたご意見で『巻き肩(猫背)』の改善法をお伝えしようと思います。

まず、巻き肩の原因として…

長時間のデスクワークスマートフォンの長時間使用、鞄を持つときいつも同じ肩にかける

寝る時肩を下にして横向きで寝る歯を食いしばる癖などがあります。

みなさん心当たりありますか?

これらは体の前側が収縮し、さらに硬直しているから。

その筋肉は小胸筋!!

下の図のように小胸筋は肋骨についているので、

小胸筋が縮むと次の写真のように肩先や腕がひっぱられてしまう。

まずは体の前側、小胸筋を緩めましょう。使うのはテニスボール◎

下の写真の位置にテニスボールを当てて

当てたままうつ伏せになり、自重(自分の体重)をかけます。

痛みが感じられるとそこは硬くなっています。

痛すぎるようであれば緩めて、ご自身に合わせて調整していきましょう。

また、ゼロコリのレッスンに入っているタオル回し!

みなさんできていますか?

腕を後ろに回して肩より少し上のところにきたところが小胸筋が伸びるところでキープ

もしくはもうすこーし後ろに引っ張ってみる!

道具が無ければ壁を使っちゃいましょう!!

角がある壁を探したら下の写真のように肩から肘までを一直線、

肘から指先までは90°垂直に立てて、壁に押し当てます。

その壁から体をねじるように腕から遠ざかると胸が開き、小胸筋にストレッチが入ります。

どれも簡単なストレッチになりますので、オフィスお家でもやってみて下さい。

次回私のコラムでは巻き肩セルフケア(棘下筋編)をお伝えします!

お楽しみに!!

♥miyuki♥

 








PAGE
TOP