コラム 2020.08.25

もしかすると脱水症かも?!

まだまだ暑い〜〜〜!

暑いとどうしても食欲がなくなりがち。
そんな時は太陽の光をたくさん浴びた夏野菜、フルーツとってもオススメです。
夏にオススメの食材なども書かれているasami先生やaoi先生のコラムご覧ください♪

.

 

☑️脱水症の症状を簡単にヘルスチェック

⚫︎普段よりも汗が出るor全く出ない
⚫︎喉が渇く
⚫︎ぼーっとする
⚫︎体温が上がっている
⚫︎食欲がない
⚫︎唇がかさかさしている
⚫︎だるい

結構チェックつく方、軽い脱水症と思ってもいいかもしれません💦

脱水症の原因と症状

夏は、気温とともに体温も上昇するので、体は発汗によって体温を下げようとします。その汗には、水分だけでなく塩分も含まれており、この両方が失われることで脱水症に。脱水症を放っておくと、熱中症、熱射病になります。

熱中症は炎天下で起こるだけではなく、湿気の多い時期や、曇りの日、日中だけでなく夜間、屋内でも起こる可能性があります。

体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やさない状況にあるときは、どんな時、どんな場所でも注意が必要!

.

 

◎水だけでなく塩分も補給

一度に大量の水を摂取すると、体調不良を引き起こすことも。
水分補給をする時には、合わせて塩分の補給も行いましょう。
水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンク、経口補水液。
また水や麦茶には、塩や梅干しなどを足して塩分も補給しましょう。

※緑茶やウーロン茶に含まれるカフェインは利尿作用があるため要注意です。

.

 

◎日頃からこまめな水分補給を

喉が渇いていなかいから、汗をかいてないから大丈夫と思いがちですが、すでに体液が減少している場合も。

いつもより尿の色が濃く、量が少ない場合はすでに体内の水分不足が起こっています。
喉が渇く前からのこまめな水分、塩分補給が脱水症、熱中症予防には大切です!!

熱中症の発生は、当日の水分、塩分不足だけではなく、数日前からの不足が原因で発生します。

.

 

体調管理をしっかり行い、夏に負けない身体、秋に向けて代謝の良い身体を作っていきましょう〜!!

mao








PAGE
TOP