コラム 2021.06.08

たんぱく質でキレイを叶える!

たんぱく質=筋肉を増やす

ってイメージありませんか?

私も以前はそうでした。元々筋肉がつきやすい体質の自分には意識して摂る程でもないものだと思っていました。

でも、筋肉を付けるだけじゃない。”キレイになるにはタンパク質が必要不可欠なんだ”と気付いてからは積極的に摂るようにしています!

そんなタンパク質の重要性を皆さんにも知ってもらいたい!

 

まず、体の土台を作るのはタンパク質です。皮膚や髪の毛、骨、臓器、血液、ホルモン、筋肉、酵素に至るまで体の大部分はタンパク質でできています。

なのでタンパク質が足りないといろんな不調が出てきます。

たとえば・・・

・肌や髪のコンディションの悪化、貧血・・・原料不足

・むくみ・・・アルブミンが不足することにより細胞間質液が増加

・体調の低下やうつ・・・ホルモン、神経伝達物質の不足

・免疫力の低下・・・抗体生成の低下

 

タンパク質なんてそんなに意識しなくてもお肉とかよく食べるし…と思いますよね?

意外と足りてないかもしれませんよ!

 

1 日当たりの成人女性の推奨摂取量は50g~

男性の推奨摂取量は60g~

美容目的(肌や髪質を整える・太りにくい体作り)であれば体重1kgあたり1.2g(=体重50kgなら60g)

筋肉増加(痩せやすい体作り・シェイプアップ)であれば体重1kgあたり1.5g~1.8g(=体重50kgなら75g~90g)

 

重量=たんぱく質量ではないので注意です。

タンパク質60gを摂取する目安としては、

卵約10個分、納豆約7パック分、牛赤身肉約300gにも!これだけの量、毎日摂れていますか?

 

 

私はお肌の調子が悪いなぁと感じたら、まず第一に食生活を見直して、植物性タンパク質を意識的に摂取します。

特に女性は美容のためにはビタミンが大事!とビタミンには意識が向きやすいですが、

タンパク質は見落としがちなのです。

またタンパク質はビタミンやミネラルと違って、体内で作ることも貯蔵することもできません。

そしてそのビタミン・ミネラルも、タンパク質があってこそ栄養素として働いてくれるのです。

 

植物性・動物性、必須アミノ酸にまで着目して、バランスよく摂取できるとなお良いですね☆彡

自分に合うプロテインを探して、時には頼ってみるのもありかもしれません。

ぜひ頭の片隅に入れておいてみてください(^^)

 

YUMI








PAGE
TOP