コラム 2019.08.20

苦手なポーズの克服ーチャトランガ編ー

こんにちは!
新瑞橋店でインストラクターデビューさせて
頂いたHirokaです(^-^)

突然ですが皆さん苦手なポーズは
ありますか?柔軟性や筋力、あるいは
骨格によって得意、不得意なポーズ
色々とありますが・・・。

今日はわたしがとっても苦手だった
チャトランガダンダーサナについて
書いてみようと思います*

太陽礼拝(主にフローやヴィンヤサフローの
クラスで行いますね♪)で必ず行うこのポーズですが
上腕三頭筋↓
 

などの肩周りの筋肉や、体幹が必要となる為
とても難しいと思います(T-T)!

その分、

➀体幹、手首、腕の強化!
➁全身の筋肉を使うため血行が促進される!
➂お腹周り、腕周りのシェイプアップ!

などの嬉しい効果もあるポーズです✊

わたしはこのポーズが出来るようになるまで
数か月間要しました💧
お腹から落ちたり、顔から落ちて流血したり…
苦い思い出もありますが、
出来るようになってからはついつい流しがちだった
太陽礼拝も一つ一つのポーズに意識を向けるようになり
さらにヨガの楽しさを知ることが出来ました(*'▽')

意識すべきポイントはたくさんありますが
練習した中で特に大事だと感じたことが
3点あります!まずは、

➀ プランクを安定させること

チャトランガの前に行うプランク。
一枚の板のように、頭頂からかかとまで
一直線にすることが大事です。
プランクの時にお腹の力が抜けてしまっていると
次に行うチャトランガで必ずお腹から落ちてしまいます;;
前後のポーズで合わせて練習することによって
呼吸と動きが繋げやすくなります。
安定したプランクを目指しましょう!

➁ 脇をしっかり締めて、肘を真後ろに引く

ついつい腕立て伏せのように
脇が開きがちですが、脇をしっかりと締めて
肘を真後ろに引いていくことが
大きなポイントです❀
この瞬間が一番きついですが、そんな時こそ
たっぷりと息を吐きながらじわじわと
胸をマットすれすれまで近づけていきましょう!

➂ 出来ないと思い込まない

どのポーズにも言えることかもしれませんね。
苦手意識を持ったり、やる気がなくなったり
してしまいますが、頭や顔から落ちない自分を
イメージしながら目線を少し上げてみると
徐々にコツが分かるようになっていきました(´▽`)


他にも脇を締める感覚を掴むために
Yurina先生が貸して下さったヨガベルトを使っての
練習や、上腕三頭筋を鍛えるために
脇を締めて壁に向かって腕立て伏せをしたりと
いろんな練習法がありますが
頑張りすぎてケガだけはしないように!!

体に痛みを感じる方やチャトランガに
不安のある方はコブラのポーズや
八点のポーズで軽減することもとっても大事です🌹

わたしもまだまだ練習中で
何となく安定しないなあ、と感じる日も
ありますが皆さんと一緒にチャトランガで
すこーしキープを入れられる日を楽しみに、
鍛えておこうと思います💛

Hiroka







PAGE
TOP