コラム 2020.07.03

食べ物でも紫外線対策を・・・


こんにちは!
まだジメジメとした日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか^^


梅雨が明ければ、もう夏本番ですね。


夏といえば、気になる紫外線・・・
皆様はどんな紫外線対策をされてますでしょうか。


私は、日焼け止めを塗って出かけること以外は
これといって対策をしていなかったのですが。。。
調べてみると食べ物からも、紫外線対策ができるのだとか。


抗酸化作用を持つ栄養素が含まれる食材をとることで、
活性酸素(身体をさびつかせる原因)の発生を抑えてくれるようです♪


そこで今日は、そんな紫外線対策におすすめの栄養素(食材)のご紹介です!


1.ビタミンA

緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンは、体内でビタミンAに変換され、
抗酸化パワーを発揮します。
また、鳥や豚のレバーもビタミンAが多く含まれているそうです。


2.ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用だけでなく、メラニンの生成を抑えるという効果もあります。
野菜ではパプリカやブロッコリーやイモ類に多く含まれます。
グレープフルーツなど柑橘系フルーツにもビタミンCが含まれますが、
光毒性がある”ソラレン”が含まれているので、朝ではなく夜にとるのがオススメです!


3.リコピン

リコピンといえばトマトですよね!毎日とるなら、トマトジュースも手軽で良いですね。
リコピンは加熱や油で炒めると吸収率がUPするため、料理で使うのもオススメです!


私も、さっそく今夜にフルーツを摂取することから始めます(^^)


emi








PAGE
TOP