コラム 2020.07.07

今年は会えるかな?

今日、7月7日(火)は七夕(たなばた)の日。
*
この七夕とはどんな日かというと…
「織姫と彦星が会える、
 年に一度のロマンチックな日!」
*
例えば、遠く離れた愛しい人や、家族、
大切な人に会える特別の日と置き換えると、
心が少し暖かくなりますね💛
*
なんて、ふんわりとしたイメージがありますが、
その裏にはちょっと複雑な事情が、、、。
*
愛に溺れた神さま夫婦に天罰が…!?

*
七夕伝説は、 古代中国から伝わったものだそうで、
簡単にお話しをまとめるとですね。

*
昔むかし、天の川の
西岸に機織りの上手な女神・織姫(おりひめ)さま、
東側に牛使いの好青年・彦星(ひこぼし) さまが
住んでいました。
二人を出会わせたのは、
織姫さまのお父さんである天帝。
天を支配する偉い神さまだったそうです。

*
天帝は、織姫さまが年頃になると、
「そろそろ娘にも素敵な結婚をさせてやりたいなあ」
という親心から、彦星さまとお見合いをさせます。

*
これがきっかけで織姫さまと彦星さまは恋に落ち、
やがて夫婦となります。
 
*
ところが、結婚してからの二人はとても仲がよく、
来る日も来る日も一緒に遊んでばかり。
まったく仕事をしなくなってしまったのだとか。
*

すると、そんな二人の様子を見た天帝は、
「けしからん!こんなことなら、
ふたりを引き合わせるべきではなかった…」と、
織姫さまと彦星さまを元通りに天の川の両岸に引き離してしまったのです。

*
しかし、これがまた逆効果だったようで、
二人は悲しみに暮れ、ますます仕事が手につかなくなってしまったのです。
 
*
これに困り果てた天帝は、
「しょうがない...二人とも一生懸命仕事をすれば、
年に一度だけは会わせてあげるから」と、
愛し合う二人に条件を出します。

*
こうしてようやく
織姫さまと彦星さまはその日を楽しみにして、
それぞれの仕事に精を出し、約束通りに年に一度、
七夕の夜だけは会えるようになったのです。

*

*

「人間だもの。愛も仕事もどっちも大事。
 時にはちょっと偏ることもあるけれど、
 上手にバランスをとって暮らしていこう♪」
*

そんなスタンスでいられたらいいですよね~

*
いかがでしたか?ざっくり七夕劇場。
天の川を挟んだ二人の神さまの
壮大なラブストーリーなのかと思いきや、
案外人間臭い、あるある恋愛模様だったんですね。

*
会えない時間は
「自分を育てる」大切な時間

*
今よりも、人と会うということが
容易ではなかった昔の時代に、
二人はどのように日々を過ごしていたのでしょう。

*
毎日毎日会えない現実を嘆きながら過ごしていたのか、
それとも会える日を夢見て、
今できることを精いっぱい頑張ったり、
自分の心を見つめたりしていたのか。

*
皆さまだったらどのように過ごされますでしょうか?

*
特に2020年の今年は、
「会いたいけど会えない」
という人も多くいるかもしれません。

*
そんなときには心とからだに磨きをかけて
「自分を育てる」時間にしてみませんか?

*
ヨガで、心とからだを穏やかに!❤️

*
明日からも、
皆さまの毎日が健やかで、穏やかでありますように…❤️
 
*
*OTO *








PAGE
TOP