コラム 2020.10.23

意外と知らない?ヨガブロックの使い方★

皆さんこんにちは!
いかがお過ごしでしょうか?

少しずつ秋から冬にかけての寒さを感じられます。皆さん手足は冷えていないですか?

しっかりとスタジオで汗をかいて冬にも負けない体作りをしていきましょう!

 

10月9日のasami先生のコラムに続き、荒子2周年記念の特別レッスンの

「ゆるっとヨガ」の中で使った【ヨガブロック】についてお伝えしていきます♪

レッスン中にヨガブロックを使っている人がいるけど、使い方が分からない、、、
こんなお悩みを持っている方もいらっしゃると思います。
是非、今回のコラムを参考に、レッスンの時にヨガブロックを使ってみてくださいね♪

 

そもそもヨガブロックとは何でしょうか?
アーサナができない、アーサナが深められないときに使われる補助機器の1つです。
身体が硬い人にとってはキツイと感じるポーズもあると思います。
筋力が弱い人、身体が硬い人、怪我をしている人などが無理に力や柔軟性だけで頑張ろうとするのはとても危険で、逆に怪我を招く原因にもなりかねません。
このヨガブロックを使用することで、アーサナをする際に正しく姿勢の補助に役立ち、誰でも無理なく安全に正確にアーサナをできるようになります。

また、ブロックを使うことで身体への意識のむけかたも助けてくれます。

 
【どういう時に使えばいいの?】
例えば・・・
①アンジャネアーサナ
両手を太ももの上に添えると、前の足に体重がかかりがちですが、骨盤の真横に置くとお腹の力と共に上半身をしっかりと起こすことができます。

 

②ダウンドッグ
重心がどうしても両手のほうにいきがち・・・。手の下にブロックを置き、しっかりと両手でブロックを押し返し、重心を後ろの足に預けるイメージや普段しっかり両手でマットを押す感覚をつかみます。

 

ヨガブロックは縦・横・厚さを利用でき、複数のブロックを使用することでさらにポーズの幅を広げられます。ご自身の身体に合わせながらブロックを使用するといいですね♪

 

分からないことがあればお気軽にスタッフに尋ねてください♥

今日も皆様にとって素敵なお時間となりますように…★

 

aoi








PAGE
TOP