コラム 2020.12.25

見つめてみよう

子供の頃、たっぷりと雪が積もった朝がとても好きでした。

 

まるで自分がスノードームの中にいるようで、ワクワクしたのを今でも鮮明に憶えています。

 

さて、本日は年に一度のクリスマス☆ですね。

皆さんは子供の頃、このクリスマスという日にどんな思い出がありますか?

 

私は小学生の頃、

妹と一面真っ白な雪の上を長靴で足跡いっぱいにするのが好きでした。あとは友達とプレゼント交換をしたり、おいしいケーキを家族で囲って食べたり。

楽しい思い出が、いっぱいあります。

 

 

ですが、大人になるにつれて

クリスマスに雪が降ることが殆どなくなり

長靴もはかなくなって

友達とプレゼント交換することもぱったりとなくなり

家族みんなで集まってケーキを食べることもなくなった。

 

 

朝から積雪をかき出す作業を強いられる東北地方の方々

電車等の遅延も必須事項で

車は道路が凍って滑りやすく、慎重に移動せざるを得ず渋滞化してしまうなど

雪が降ることによって予想される事態が明瞭になっていきました。

子供の頃はただ、雪が降った!積もった!もうすぐクリスマスだ!そういった事だけでその日1日がハッピーでした。

当たり前、といえば当たり前ですが

子供の頃の視点と

大人の今の視点は違いますよね

ですが、やっぱり子供の頃に得た感覚ってずっと消えないもので

心から震えたその瞬間が、感動が、大きければ大きいほど心にしっかりと根付いているので

現実をみたあとに、必ずワクワクしていたあの頃が浮かんでくるもので

そういうものって、きっとどんなことからも想起されるんですよね。

匂い、音、物。

季節、場所、触感。

想起、とは人間の特権です。

是非この機会に思い出を、思い出して見つめてみてください。

そして、今年は世界中の人々が予期せぬ一年となりました。

そんな中の、特別な今日。

ヨガを生活の中に取り入れている皆さん

今の幸せを見つめてみたり

これまでを見つめてみたり

そして子供の頃に体感したこの日の大切な思い出を、見つめてみたり…

呼吸に集中するような感覚で

このクリスマスの夜

周りにいてくれた人の事や

ご自身の事を想う時間を

ほんの少しだけ、

つくってみて下さいね。

..*..*..*..*..*

以上、shimaでした。

 

 

 








PAGE
TOP