コラム 2019.11.06

オフィスブレイクタイムで気分をリフレッシュする5つの方法

こんにちは。
上小田井のyukaです。

 

ヨガのインストラクターになる前は、オフィスにてお仕事を10年近くしていました。

一日中パソコンとにらめっこで目が疲れ、タイピングで肩が凝るし、

座りっぱなしで足がむくみ、午後はねむ~くなってコーヒーが必要になったり。

 

仕事帰りにLET’sによって、気分スッキリ!ももちろん良いですが、
就業時間がまだあるのに、仕事に集中できなかったり、
疲れたなと感じた時ありませんか?

 

今回は仕事中でも、少しの時間を自分の体に焦点を当てて、

簡単にリフレッシュする方法をご紹介します♪

 

 

1. 腹式呼吸

仕事をしていると、意識が色んなところへ飛んでいきます。

仕事のことはもちろん、人間関係や、過去や未来のこと様々なことが頭にぽつぽつと浮かんで、

考えることにエネルギーを使い果たす毎日です。

そこで、呼吸に意識を向けて、自分の内側へと意識を向ける時間を作ってあげましょう。

 

①椅子の前の方に座って、背骨をまっすぐの状態にしてあげましょう。

足はしっかりと床に安定させます。目は閉じると周りの人に寝てるかと思われるので(笑)、

自分の鼻の先をぼんやり見るようにしていきます。
②吸って、お腹をふくらませて、吐いて、お腹を薄くして、

一つ一つの呼吸を丁寧に繰り返していきます。

吐く息を少しだけゆっくりめに、長くして、リラックス効果を高めていきます。
➂頭の中の考えがでてきたときに、それに気がついたら、

ゆっくり意識を動いているお腹や呼吸に戻してあげます。

 

 

2. パーミング

アンチエイジングのレッスンにも組み込まれている、このパーミングは、目の疲れを癒してくれる手法です。

パソコンで疲れた目を少しお休みすることで、頭もリラックスさせてくれます。

 

①手を擦り合わせて、手のひらを温めます。
②手のひらをくぼませて、手で目を覆っていきます。

手のひらの中で目を閉じていき、手の温かみを、目の周りで感じます。

手がまぶたや眼球に触れないようにしましょう。
➂呼吸をゆっくりしていきます。肩の力はリラックス、おでこを自分の手のひらにあずけていきましょう。

 

五感の中で一番私たちが酷使しているのは、視覚です。数分でもいいので、必要だと感じた時にパーミングをしてみてください。

 

 

3. 座りキャット&カウ

重たくなりがちな肩まわりをほぐし、疲れた背中をストレッチしてあげましょう。

 

①姿勢を正して、背骨をまっすぐの状態にしてあげましょう。

足はしっかりと床に安定させます。両手はひざのうえに置きます。
②吸う息で、胸を上に引き上げるように背中を反らし、肩甲骨同士を寄せます。

目線は斜め上へ。
➂吐く息で、背中を丸めて、顎を引き、おへそを内側へと引き入れます。目線はおへそへ。
➃呼吸に合わせて、何回か繰り返していきましょう。

 

 

4. 座りツイスト

硬くなった背中をほぐし、ストレスの低下やエネルギー補充をしてくれるポーズです。

 

①椅子の前方に座って、足を床に安定させて、膝の角度は90度。

背骨を引き上げて、お腹の力を少しだけ入れて、安定した姿勢を作ります。肩はリラックス。

②右足を左足の上に組みます。左手の甲は、左膝の内側に当てていきましょう。

吸って、背骨を長くして、吐いて、右側に体をひねります。
➂右手は背もたれを掴んで、5回呼吸を繰り返し、吐くたびにツイストを深めていきましょう。
➃反対側も同じように繰り返します。

 

 

 

5. 腰回りストレッチ

動かしていない下半身へ血流をよくして、腰回りをほぐしてあげます。女性はパンツをはいている日に行ってみてください♪

 

①椅子の前方に座って、両足を床に安定させて、膝は90度。

背骨を軽く引き上げて、お腹の力をぬかないようにして、姿勢を保ちましょう。
②右のくるぶしを左の膝に近い太ももに置いていきます。

右手は右の膝、左手は足首へ軽く添えていきます。
➂吸って、背骨長く座って、吐いて、前屈、

もしくは、そのままでもストレッチを感じればリラックスするだけでもOKです。
➃呼吸を3~5回ほど繰り返して、反対の足も行います。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

上記には書きませんでしたが、私はランチ後のお散歩を毎日日課にしていました。

5分でも歩いて、空をみたり、脇道に生えている植物を見たり、太陽を少し浴びたり。

午後からのエネルギーがもらえますので、皆さんも是非試して下さい♪

 

仕事で忙しい中でも、数分時間を自分に充てることで、仕事に集中できたり、

新しいアイデアや企画を考えられるスペースも作ることができます。

その小さな自分への思いやりがこもった時間を大事にしてくださいね❤️

 

Yuka








PAGE
TOP