コラム 2020.02.05

 日常の心と身体の”緊張 “ 

 

今回のコラムテーマは 日常の心と身体の緊張 です。

日常の中でご自身の緊張を感じるシーンがたくさんあると思います。
冬のシーズンはいろいろ変化が多いですね…

お子様の受験、職場での人事異動など

ご自身、ご家族の中で緊張する日々が重なってきたりもしますよね…

▶:お子様の受験日当日、セカセカしてしまったり…
▶:人事異動で慣れない環境の中、いつの間にか疲れが溜まったり…

 

緊張感は時には必要な場面はあるとは思います。
しかし、ずーーーーと、緊張していると呼吸は荒くなります。
表情が無意識のうちに無くなっていきます。

不安や焦りからご自身を守ってあげましょう。

                 ほんの少しご自身に意識を向けてあげてください…♥

 

▶:表情
よく笑う人は、よく眠れます。 「笑い」も「睡眠」も副交感神経の働きが関わっているからです。

また「人を喜ばせて自分も楽しむこと」は、ストレスが軽減し、気持ちが前向きになります。

笑顔」がポイント! 毎日一度は鏡の前で、口角を上げて笑顔を作ってみましょう。

 

▶:呼吸
息を大きく“吸って” “吐いて”、 副交感神経が働きリラックスを促します。
意識して行う呼吸はいつもの呼吸とは全く違うものに感じますよ。

呼吸が早くなっていることに気づいたら、一度深呼吸をするのもいいですね!

普段から、笑顔や呼吸を意識してみたり、

お仕事中のブレイクタイムをいれてみたり、

ご自身を緊張感から守ってあげてくださいね ♥

 

 

tsunae.








PAGE
TOP