コラム 2020.10.07

白湯で温活

みなさんこんにちは!

季節もだんだん移り替わり、10月に入って更に朝晩の寒暖差が激しくなりましたね…。

これから少しずつ寒い時期に入っていきますが、皆さんはどのように体を温めますか?

今回は白湯の効果について紹介していきます。

 

「白湯」とは、水を温めただけのお湯のことを言います。白湯には体を温める効果があり、ダイエットや美容と健康の維持などに大きな意味を持っています。

例えば…

●免疫力アップ

白湯によって内臓が温められると、特に体の冷えやすい寒い時期でも内臓機能は活性化していきます。そのため自然と免疫力が高まり、丈夫な体を築くことができます。

 

●基礎代謝の維持

特に寒い時期は、体を動かす機会がぐんと減ります。体は体内を温めるためにエネルギーを燃やしていますが、寒い時期は特に、体のエネルギーを作る機能が鈍ってしまうのです。白湯にはそのエネルギー源を高める役割があります。

 

●ダイエット効果

基礎代謝とは、何もしなくても消費するエネルギーのことを言います。筋肉量が多い人ほど基礎代謝は高くなるので、食べても太りにくい人の中には基礎代謝が高い人が多くいます。この基礎代謝の維持がダイエットの結果を左右するといっても過言ではありません。上記の通り、基礎代謝を維持することは、ダイエットの結果に直接的な影響をもたらします。

 

★白湯を飲むタイミングと、その量★

健康的な白湯だからと言っても、適量を摂取することが一番望ましいです。

飲むタイミングは、朝起きてすぐと、夜寝る前です。

量はコップ一杯程度で十分です。

朝は、朝食を口に入れる前に飲むことを心がけてみましょう。朝一はまだ体も眠ったままの状態であり、突然食事をとると、体はびっくりしてしまいます。

温かい白湯で体を温め、少しずつエネルギーを高めてから食事をとりましょう。

夜は寝る前に一杯飲みます。今日では、寝る前にスマホをいじる方も多くいらっしゃると思うので、寝る30分前にはスマホを置き、白湯を飲んで体を温め、リラックス効果を高めながら眠りにつきましょう。夜寝る前は取りすぎに注意してください。夜トイレの為に睡眠を妨害されてしまっては、せっかくの健康法である白湯の効果が、睡眠不足を引き起こすことに繋がりかねません。

 

お水が苦手な方も、寒い時期にはぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

 








PAGE
TOP