コラム 2019.07.09

内臓、冷えていませんか?

こんにちは!

 

外の気温がどんどんと高くなり、

夏が近づいている気がします。

 

暑くなる!ということは、

電車の中やショッピングモール、オフィスやお家でも、

冷房が効いた場所が増えてきます。

空調で室内は勿論、

身体の芯からキンキンに冷えて、、

【夏の冷え性】になっていませんか?

 

身体の芯から?!

手足の末端が冷えるのはわかるけど…

というそこのあなた!

ぜひ確かめてみましょう。

 

寝る前に、

直でお腹の上に手を置いてみます。

すると、

「冷た~~~~い」

私も自分で触れてみて、気付きました。

 

手よりもお腹が冷たい!!!

そ、れ、が、

内臓が冷えている証なのです。

 

内臓が冷える=内臓の機能の低下するので、

*おしっこが近くなる

*便秘

*生理痛が強い

等、こんな症状が現れます。

 

そこで少しでも身体を温めよう!と私が最近続けているのが、

朝起きて、白湯を飲んで1日をスタートさせることです。

 

 

続けてみて感じたことは、

白湯を飲むことで、身体が自然と温まり、目覚めの感覚がすっきり!

眠たくて、動けない…ぼ~っとしてしまう時間が少なくなりました。

(内臓が温まり、血流もよくなることで、体もぽかぽか!

冷え性改善にもなるそうです。)

 

さらに、利尿作用と便秘の解消!

自分自身もびっくり、体が軽い◎

内臓の活性化で、老廃物排出にも繋がります!

 

白湯を飲む際のポイントは…

一気に飲むと内臓に刺激的なので、

ゆっくりと時間をかけて飲むことです。

慣れてくると、

そのゆったりとした時間も愛おしくに感じますよ~♪

 

ぜひこの夏も、

ご自身ともう一つ向き合いながら、

今を楽しんで、そして心身ともに楽~~~に過ごしましょう。

まずは、今日の夜!

是非お腹を触って、内臓が冷えていないか確かめてみてください。

 

感謝を込めて。

 

rika

 








PAGE
TOP